5分でわかる生命保険のコト ABOUT LIFE INSURANCE

保険は「もしも」のリスクに備える手段

人生、生きているといろいろなことが起こります。良いことばかり起こる毎日ならいいのですが、空が晴れたり曇ったり、雨が降ったりするのと同じように、時には突然、病気になったり、ケガをしたりすることもあります。人生、リスクがつきものです。そうしたリスクに備え、自分自身や大切な人を守ることが保険の役割です。

保険は「もしも」のリスクに備える手段

保険の種類は大きく3つ

保険には3つの分野があります。
第1分野は「生命保険」。とても簡単にいえば、病気やケガなどで人に万一のことがあったときや人生の節目を迎えたとき等、人の生存または死亡に対して支払われる保険です。
第2分野は「損害保険」。自動車保険や火災保険などに代表されるように、事故や災害が起きてしまったとき、その損害に対して支払われる保険です。
そして、第3分野は「医療保険」や「傷害保険」「がん保険」などで、主に病気やケガに起因した入院費や治療費等に支払われる保険です。
人の体や命に値段を決めることはできないため、生命保険や医療保険、傷害保険などは、あらかじめ契約時に定めた金額が保険金として支払われます(定額払いといわれます)。
一方、損害保険のように偶発的な事故によって発生する損害に対する保険金は、不当な利益を得ることを防ぐ観点から、実際の損害により被った金額が保険金として支払われます(実損払いといわれます)。

生命保険を支える相互扶助の精神

生命保険の起源は古代ローマ時代の埋葬組合「コルレーギア」にみられた相互扶助制度にあるといわれています。「コルレーギア」は、組合員の死後、埋葬費用や遺族の生活保障を行うために互いを助け合うために生まれた制度でした。
「相互扶助」とは文字通り、お互いに助け合うこと。今も昔も変わることのない「保険」の基本精神です。保険加入者が少しずつお金を出し合い、加入者の万が一の事態に備えます。生命保険は自分や家族など、大切な人のために加入しますが、実は加入者全員がお互いを助け合う仕組みになっているのです。

日本の生命保険事業

日本の生命保険事業は、今から100年以上前に始まりました。1881年(明治14年)に福沢諭吉の提唱で門下生が生命保険会社を設立したのがはじまりです。その後、1900年(明治33年)に公布・施行された「保険業法」に基づき、1902年に日本最初の「相互会社」として「第一生命保険」が誕生しました。
第一生命の創業者である矢野恒太は、当時、相互主義の保険会社という新しい価値観を創造した「変革者」「創造者」としてのDNAと「お客さま第一主義」という揺るぎない経営理念を残し、それは今日の第一生命に受け継がれています。

生命保険の役割

ひとつは万が一の事態や病気・ケガなどへの備え。保険加入者に万が一の事態が起こった際には、残された家族は保険金を受け取ることで、その後の生活の支えとすることができます。
もうひとつは将来のための資金の備えです。保険は、数年後、数十年後に必要になるであろうお金を時期や目的に合わせて少しずつ準備しておく手段にもなります。
「預金は三角(△)、保険は四角(□)」という言葉が使われることがあります。預金に代表される貯蓄は、既に預け入れた分とその利息分しか受け取ることができませんが、保険であれば、万が一の事態が突然起こったとしても、保険料の支払金額に関わらず、あらかじめ決められた保険金額を受け取ることができます。万が一の事態は起こってほしくはないものですが、その可能性はゼロにはできません。そんな突然起こる事態に対応し、自身や大切な家族を守ることこそが生命保険の役割になります。

預金は積み立てた金額に合わせて増えていく。貯まった分は使えるが、万が一の時に十分な金額が確保できているとは限らない。

預金 イメージ図

保険は、万が一の際はそれまでに支払った金額に関わりなく、契約に応じて保険金として受け取れる。「保険は□」とは以下のイメージ図からいわれる。

保険 イメージ図
  • 1 死亡保険

    被保険者が死亡や高度障害状態になった場合に保険金が支払われます。
    主に終身保険と定期保険があります。
    ※終身保険は保険期間を定めず一生涯を保障し被保険者が死亡したときに保険金が支払われます。
    ※定期保険は保険期間を定め、被保険者が保険の期間内に死亡したときに保険金が支払われます。

  • 2 生存保険

    被保険者が保険期間満了まで生存しているときに保険金(満期保険金や生存給付金)が
    支払われます。

  • 3 生死混合保険

    死亡保険と生存保険を組み合わせた保険で、保険期間中に死亡または高度障害などになったときや保険期間満了まで生存していた場合に保険金が支払われます。
    養老保険がこれに相当します。

生命保険の保険料は、アクチュアリー(保険数理人)と呼ばれる、保険数理のプロフェッショナルが、3つの予定率(予定利率・予定事業費率・予定危険発生率)をもとに算出します。

  • 予定利率

    生命保険会社は資産運用による一定の収益をあらかじめ見込んで、その分だけ保険料を割り引いていますが、この割引率を予定利率といいます。

  • 予定事業費率

    生命保険会社は契約の締結・保険料の収納・契約の維持管理などの事業運営に必要な諸経費をあらかじめ見込んでいますが、この割合を予定事業費率といいます。

  • 予定危険発生

    過去の統計をもとに、性別・年齢別の死亡者数(生存者数)を予測し、将来の保険金などの支払いにあてるための必要額を算出しますが、この計算に用いる死亡率を予定危険発生率といいます。

できたばかりの生命保険制度では、若年層も高齢層も同じ金額を支払っていました。そのために高齢層は若年層よりも死亡率が高いので早くお金が支払われ、若い人は払うだけという不公平が生じていました。
現在の生命保険制度では、その不公平を解消するために,それぞれの年齢に応じた保険料を算出し公平になるようにしています。
この算出の基となるのが、大数の法則。サイコロを数回ふっただけでは
出る目に法則性はありませんが、何千回、何万回とふると、どの目も6分の1の確率で
平均して出ることがわかってきます。
この法則が人間の年齢別死亡率にもあてはまるという発見が、
保険の公平な危険分担を可能にしたのです。

保険はインフラとしての役割も果たす

日本はアメリカに次ぐ世界第2位の生命保険大国で、生命保険への世帯加入率は89.2%にものぼります(生命保険文化センター 2015年「生命保険に関する全国実態調査(速報版)」より)。この数字、実は下水道やインターネットの普及率を上回る数字なのです。生命保険は社会保障の補完的役割として、人々の生活を支えるための必要な商品・サービスです。個人・企業に対して保障を提供することにより、インフラとしての機能も果たしています。

生命保険加入率89.2% 全国水道普及率77.0% インターネット普及率82.8%

出典:生命保険文化センター 2015年「生命保険に関する全国実態調査(速報版)」、公益社団法人 日本下水道協会調査、総務省 平成27年通信利用動向調査

生命保険会社では、お客さまからお預かりした保険料をもとに、「機関投資家」として様々な投資による資産運用を行なっています。例えば、株式、公社債、外国株式・債券、貸付金、不動産などです。日本国内のみならず、世界のマーケットに分散投資を行い、その資産運用収益を配当金や保険金という形で、お客さまにお支払いをします。


第一生命は、36兆円を超える総資産を有しており、国内屈指の「機関投資家」として、安全性・収益性を追求しつつ、インフラ分野などの資金需要に対しても積極的に対応するなど、金融仲介機能を担っています。


「え?意外!」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、生命保険による社会保障機能だけでなく、莫大な資金を動かす「マーケットのメインプレーヤー」として、経済成長を後押しする機能も担っているのです。

マーケットのメインプレーヤーとして

お金の流れ

人々の豊かな暮らしを支える仕事、それが生命保険事業

ライフスタイルや価値観が多様化する現在、それぞれの人生に合った保障設計・コンサルティングが必要になります。そのため、第一生命では多様なチャネルでお客さまとの接点を拡大する取組みも進めています。
お客さまごとのニーズを踏まえて、最適なチャネルで最適なサービスを提供していくこと、そして、人々の豊かで健康な人生を「確かな安心」でサポートしていくこと、これが生命保険事業の役割であり、お客さまの人生に向き合うことこそが生命保険事業に携わる仕事の醍醐味といえるでしょう。