第一生命グループの理念体系

第一生命グループの理念体系

MISSION   企業の存在意義

一生涯のパートナー

第一生命グループは、1902年、日本での創業以来、お客さま本位(お客さま第一)を経営の基本理念に据え、生命保険の提供を中心に、地域社会への貢献に努めてきました。
これからも、お客さまとお客さまの大切な人々の”一生涯のパートナー”として、グループ各社が、それぞれの地域で、人々の安心で豊かな暮らしと地域社会の発展に貢献していきます。

VISION   中期的に目指す姿

いちばん、人を考える会社になる。

第一生命グループが中期的に目指していく姿(ビジョン)を「いちばん、人を考える会社になる。」と定めています。このビジョンのもと、お客さま、社会、株主・投資家の皆さま、従業員など、毎日の生活において関わるさまざまなステークホルダーのことを真摯に考え、行動することで、一人ひとりが「いちばん、品質の高い会社」、「いちばん生産性の高い会社」、「従業員の活気あふれる会社」、そして「いちばん、成長する期待の高い会社」となることを追求し、いちばん、お客さまから支持される保険グループとなることを目指していきます。

いちばん、人を考える会社になる。Thinking People First これからの時代、一人ひとりの人生はもっともっと多様化していきます。それぞれの生涯に、品質の高い商品やサービスをわかりやすく提案するために、第一生命は、いちばん人を考える会社になります。人を考える。それは、人とその人をとりまく生活すべてのことを真摯に考え、行動すること。人を考える。それは、声を聴き、共に考え、共に思い、幸せを創造できる人財を育てること。人を考える。それは、グローバルな視点を持って、未来に向けた新たな挑戦をつづけること。何よりも真剣に人を考える。1902年以来、継承してきた「お客さま第一主義」をこれからも守るために、第一生命、第一生命は、時代に合わせ変革をつづけます。そして、人と人との間に新しい価値を創出し、持続的な成長を目指します。

VALUES   私たちが大切にする価値観

グループ企業行動原則(DSR憲章)

第一生命グループは、お客さま、社会、株主・投資家の皆さま、従業員からの期待に応え続けるための企業行動原則として「DSR憲章」を定め、持続可能な社会づくりに貢献します。
「DSR」とは、「第一生命グループの社会的責任(Dai-ichi’s Social Responsibility=DSR)」を表し、PDCA サイクルを全社で回すことを通じた経営品質の絶えざる向上によって、各ステークホルダーに向けた社会的責任を果たすと同時に、第一生命グループの企業価値を高めていく独自の枠組みです。

お客さま満足 お客さまの一生涯のパートナーを目指し、お客さま満足を追求した高い品質の商品・サービスを提供します。
コミュニケーション すべてのステークホルダーに対して説明責任を果たすとともに、いただいたご意見を真摯に受け止め、積極的に企業経営に反映します。
コンプライアンス 高い倫理観を持ち、あらゆる事業活動においてコンプライアンスを徹底します。また、プライバシーを尊重し、個人情報をはじめとする各種情報の保護・管理を徹底します。
人権尊重 各国・各地域において、文化および慣習を尊重し、その発展に貢献する経営を行います。また、人権を尊重し、人権啓発に積極的に取り組みます。
ダイバーシティ
&インクルージョン
多様な人財が活躍できる働きがいのある職場環境を確保し、積極的な人財育成を行います。
環境保護 地球環境保護を社会的責任と捉え、日常的かつ継続的に環境保護活動に取り組みます。
社会貢献 「良き企業市民」として地域社会とともに発展することを目指し、社会貢献活動を行います。
健康増進 地域の皆さまの健康増進に寄与する経営を行います。また、従業員の心と身体の健康増進を図ります。
持続的な
企業価値の創造
以上の8つの原則、経営資源の有効活用・業務の生産性向上、財務基盤の維持・強化によって、持続的な企業価値の創造に取り組みます。